\2022年 無料プレゼントキャンペーン特集! /今すぐチェック

卍力(まんりき)風 自宅で再現レシピ!絶品スパイスラーメンできました。

今回は、卍力のラーメンを自宅で再現してみました!
結構お店の味に近くなっているかと思います。かなり美味いスパイスラーメンができたので是非読んでみて下さい!

お久しぶりです。くりぼー夫です
たまに投稿させて頂きます

くりぼー

本当にたまだね

2014年に江戸川区の西葛西にオープンし瞬く間に人気ラーメン店となった
「卍力(まんりき)」
ラーメン野郎の皆さんならもちろん行かれましたよね?

現在食べログのラーメン100名店でもある卍力は西葛西秋葉原の2店舗ともいつも行列。
スパイスラーメンという新たなジャンルを確立し、香りと味の強烈なインパクトで中毒者を量産している唯一無二のラーメン屋です。

ラーメンと二郎は別物!二郎は二郎っていうジャンルなの!
っていうのに近いものがあります。
卍力は卍力。
定期的に禁断症状がやってきます。

そんな卍力のラーメンを唯一無二とか言いながらも、家にあるカレー用のスパイスを使ってそれっぽいものが作れるんじゃないかと、今回は市販しているラーメンの卍力風アレンジに挑戦してみました!

目次

まずは卍力のスパイスラーメンを素人分析

スパイス・チャーシュー麺

こちらは本物の卍力のラーメン。美しいですね。
スープの表面は一見オイリーですが、見た目に反して食べやすい。
だけどスパイスがガッツリ効いていてしっかりコクのある味わいになっている。
たまにあるカレーラーメンとは一線を画しており、

スパイスは効いてるけれどカレー味ではなく、あくまでも「スパイスラーメン」。
なんといってもこの絶妙がバランスが卍力の最大の魅力です。

HPを見てみると

HPより抜粋

なるほど。
スパイス14種類ですか。そんなに持ってねー


スープも鶏・豚・魚、、そんなみんな入ってるラーメン売ってるかな。。。

まいいや、とにかく
スパイスカレーを作る感じでスパイスを炒め、ラーメンのスープと合体させてみようということでスーパーに買い出しに行きました。

今回用意した材料はコチラ

2人前の材料です。

まずは母体となるラーメン。

すみません撮り忘れてスープ入れたあとのものです。

(株)菊水さんの
名店の逸杯シリーズ「さっぽろ 純連」
生麺と液体スープタイプのラーメンです。

・スープは味噌ではなく正油ベースだろう
・中華そばみたいなサッパリではないが、とんこつ正油のような白濁したコッテリでもない

この記憶と、見た目のなんとなくでこちらをチョイスしました。
絶対これじゃなきゃ!というわけでもないですが、結果このラーメンは正解でした。

その他の材料はコチラ

●玉ねぎ       半分
●にんにく      一片
●生姜        一片(今回はチューブで2cm程度)
●トマトペースト   ひとつ
●サラダ油      大さじ2

~ホールスパイス~
●マスタードシード  大さじ1杯
●クミンシード    小さじ1杯 
●クローブ      3粒
●カルダモン     3粒
●カスリメティ    ひとつまみ

~パウダースパイス~
●クミン       小さじ1杯
●ターメリック    小さじ1杯弱
●コリアンダー    大さじ2杯
●パプリカパウダー  大さじ1杯
●チリパウダー    小さじ2杯

ここまではスープに加える材料で、あとはトッピング用として

●もやし       一袋
●チャーシュー    好きなだけ
●パクチー      好きなだけ

以上

ほぼ適当です。
ただ、

スパイスがガッツリ効いてるけど決してカレーラーメンではない

というのは絶対に外してはいけないポイントなのでカレースパイスのメインであるクミンとターメリックをかなり減らし、さわやかだけどスパイシーな味わいのコリアンダーをドカッと増やしております。
カルダモンも強めが良いと思い、3粒にしました。

スパイス揃えるのが大変そうに感じるかもしれませんが、そんなことありません!
乾物なので長持ちするし、インド食材店に行けば2,000円程度でこれが100杯くらい作れる量が手に入ります。カレー作りもぜひおすすめ。

では作っていきます

コンロは、スープ用の鍋と麺を茹でる用の鍋で2つ必要です。
麺を茹でる用の鍋にはたっぷりのお湯を沸かしておきましょう。

①材料を切る ※包丁は使うのはここだけ

玉ねぎ、にんにくをみじん切りにします。 
切った玉ねぎのうちの4分の1程度は、最後に生のままトッピングにするので別で取っておいて水にさらしておきましょう。
また、トッピングで添えるパクチーは好きなだけざく切りにしておきます。
※パクチー苦手な方はネギでも美味しいです。

②スパイススープを作る

スープ用の方に鍋にサラダ油とホールスパイスを全て入れ火にかけます。(弱火)
カルダモンが膨らみ、マスタードシードが弾けてきたら香りが油に移ったサイン。

そしたら玉ねぎとニンニク、塩をひとつまみ加えて炒めます。。(中火)

カレーを作る時のように、玉ねぎが飴色にーーってまでは炒めません。
画像くらいほんのり焦げてきたらパウダースパイスと生姜を加えます。(とろ火)
※パウダースパイスは焦げやすいのでとろ火で!止めてもいいです。

鍋の中身がなじんだら、水600㎖とトマトペーストを加えて4~5分煮込む。(強火)

この段階の見た目はアレだけど信じてくれ

水の量ですが、今回使用したレトルトラーメンの説明書に1杯270㎖と記載してあったので、ここから強火で5分程度煮込むことを考慮し、2杯分で600㎖入れました。

また、トマトについては酸味とコク出しで必要不可欠ですがホールトマトなどトマト缶だととろみが出てラーメンスープではなくなってしまうので今回はトマトペーストを使用。

③麺を茹でる、スープを仕上げる、もやしをチンする

次に麺用の鍋で麺を茹でます。茹で時間は説明書通り。
この間に、スープを仕上げて、トッピングのもやしをチンします。

まずはもやし。一袋を全て耐熱皿に入れラップをかけ、2分チンしておきます。
卍力のスパイスラーメンには、一見ミスマッチなもやしが劇的に合います。
二郎にもやしはマストですが、それ以上にこのラーメンにももやしはマストです。
ひとり半袋は余裕で食べれます。

そして、麺を茹でている間に、煮込んだスープにラーメンに付属された液体スープを加えます。(弱火)
正油の風味が飛んでしまわないように、液体スープを加えたら弱火で。

ここで味をみて、あまりにもしょっぱいようであれば水を加えて調整しましょう。
麺ともやしが入るので、少ししょっぱいかな?程度が良いと思います。

④トッピングして仕上げ

麺が茹で上がったら、お湯をしっかり切ってどんぶりに。
スープを入れたらトッピングのもやし、チャーシュー、パクチー、水にさらしておいた玉ねぎを乗せて出来上がりです!

玉ねぎ乗せる前に撮ってしまった

どうでしょう本物と比べて。
スープの色はなんとなくそれっぽいけど圧倒的に迫力不足!
でも美味しそうですよね? 
とてつもなく食欲をそそる香りがする・・・

食べてみた感想

追いパクチーも準備完了、いざ食べてみたいと思います!

うん。

うん。。

メチャメチャうめえぇぇぇーー!

出汁と正油をちゃんと感じながらも、コクとスパイスが後からガツンと襲い掛かかってくる!
そして辛さとさわやかな酸味が残って口内とても幸せ・・・
バランスはこのままでパウダースパイスを全体的にもう少し入れても良かったかも。
卍力と全く同じ!?とまではいかないかもしれないけど、かなり良い出来かと!

カレーにしてもそうですが、スパイスってどうしてこんなに胃と脳を活性化させるのでしょう。どんどん箸が進みあっという間に完食。
でもまだまだ体がこの味を欲している・・・・

ということでご飯を投入!

これもメチャメチャうめええええぇぇぇぇーーー!!!!

締めのご飯のなかで、過去一で美味しいかも。。
ちょっと手間はかかるけど、もう普通の家ラーメンには戻れないすわ!

感覚で作ってみたにしては美味しいものができました!けどもっと本家に近づけたい・・・
もやしだって本物は炒めてるんだよね、コンロ足りなくてできないけど・・
いろいろググってたらクックパッドの卍力レビュー記事がありました。

ほらコリアンダーとカルダモンね(ドヤッ)

え、エビ?
干しエビの粉末かな?
なるほどね、、次回入れてみます!


よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • ご紹介頂いたスパイス全部買いました。
    週末トライしてみます!
    ありがとうございます☆週末パパシェフ♪

    • 週末パパシェフさんありがとうございます!
      とても嬉しいです!コンロに余裕があれば、もやしは炒めた方がおすすめです^^
      是非試してみて下さい!!

コメントする

目次