【2021年】規制強化でアフィリエイト広告は今後どうなる?Apple社のトラッキング防止機能ITPについて

最近「アフィリエイト広告がこれからやばいかも…」と騒がれだしているのはご存じでしょうか?

Apple社のトラッキング防止機能の強化によってアフィリエイト広告業界に激震が走っているようなのです。

アフィリエイト広告のプロモーションを選ぶときに「ITP対応あり」のタグがあるのを見た事がある方も多いと思います。
私達ブロガーにとっても無視できない問題なので是非読んでみて頂きたいです!

くりぼー

ブロガーにも影響大だね…!

数年前からずっと問題視はされていたようなのですが、ここ最近で一気にその流れが加速してきているようなので、今回の記事では最新の情報だけ解説しています。

目次

まずトラッキングって?

トラッキング防止機能と言ってもまずトラッキングが何かよく分かっていない方も多いかと思います。

元々トラッキングはインターネット広告の効果を計測する事です。その技術によって新聞やマス広告とは異なる正確な広告効果が分かるようになった為、インターネット広告はここまで巨大な産業となりました。

そして近年ではただの効果計測を超えた様々な使い方がされるようになってきました。

最近問題になっているトラッキングとは「マーケティング業界において、ユーザーの興味の高い広告を効率よく配信するためにユーザーの行動を継続的に追跡し分析すること。」を指します。

つまり、ユーザーのサイトの閲覧記録やページの偏移を記録することで「あなたいつもこれ見てるから、こういうの好きでしょ?」とお勧めすることが出来るんですね。

クッキーを用いたトラッキング

このサイトではより良いサービス提供のためにクッキーを利用しています、同意しますか?

という確認画面を最近よく見ますよね。

Cookieとはパソコンのブラウザに保存される小さなテキストファイルの事で、Webサーバーとブラウザ間における「ステータスを管理するため」の共通チケットとして開発されました。

これによって会員制Webサイトのログイン情報やECサイトのショッピングカート情報などが記録できるようになります。

その為、再度同じwebページを閲覧した際に、以前のステータスが維持されるという仕組みです。
Twitterのログインもいちいち入力しなくても出来るようになってますよね。

くりぼー

楽で助かる機能なんだけどね~

このような技術がインターネット広告やマーケティングの展開に利用されるようになっていきました。

Cookieを使ってユーザーのアクセス履歴や行動履歴などを把握している

その他にもいろんな技術でトラッキングが行われていますが、今回はCockieによる追跡規制についての話なので省きます。

何で規制されるの?

便利な機能ではあるトラッキングですが、これを嫌がる人たちがかなり増えてきました。

トラッキングによって大量に集められた個人情報は、流出した場合犯罪に悪用されるリスクがあります。また、それ以外にも自分の趣味・嗜好・行動パターンがトラッキングされることに対してプライバシーの面から不快感を抱く人たちが増えてきているんです。

もし流出したらどうするのよ。
犯罪に悪用されるじゃない

勝手に記録されるの気分悪い…
知られたくない趣味だってあるのに

2018年にはEUで一般データ保護規則(GDPR)が施行され、Cookieの取り扱いがより厳密に規制されるようになりました。
日本でも2020年3月に改正個人情報保護法が成立し、2022年中には施行される予定です。

EUで施工されている一般データ保護規則(GDPR)と比べると規制は緩いと言われますが、「提供元では個人データに該当しないものの、提供先において個人データとなることが想定される情報の第三者提供について、本人同意が得られていること等の確認を義務付ける」など「同意」を要求する箇所が含まれています。

日本でも利用者の同意が無いCookieの収集・利用に規制強化が進んでいます

Apple社のトラッキング規制=ITPとは?

ITPとはIntelligent Tracking Preventionの略で、AppleがSafariに搭載しているトラッキング防止機能です。

インターネット広告のターゲティングに対して高まる嫌悪感・不信感からユーザーのプライバシーを守るために開発されました。


くりぼー

GoogleやFacebookなどの広告目的のトラッキングで儲けを出している
他のGAFA勢力との差別化と言われてるよ。

あなたたちとは違うんです

GAFAとはGoogle・Apple・Facebook・amazon 4社を表す造語です

どんな規制なの?

2017年のITP1.0から始まって徐々に規制が強化されてきているITPですが、簡単に言うと

「今までのようにユーザーの行動を追跡・分析することが出来なくさせる」というものです。

この規制によって広告の効果測定や、オーディエンスデータ(Webサイトの訪問履歴や購入履歴、属性データ、位置情報などを解析して特徴的なグループにまとめたセグメントデータ。個人そのものは特定せずに、広告をターゲティング配信するためのデータとして利用する。)が読み取りにくくなりました。

くりぼー

この辺は専門用語ばかりで難しいですね
細かく理解しなくても大丈夫です。
大事なのはこの後です!

特に業界を騒がせているのがCookieによる追跡規制の強化です。

①ユーザーが訪問するサイト内部で発行されるファーストパーティcookie
②ユーザーが訪問したサイト以外(サイト内広告など)から発行されるサードパーティcookie

今回規制の対象となったのは②のサードパーティーです。

この規制の対象となったサードパーティcookieとは、アフィリエイトサービスプロバイダー(以下ASP)などの第三者の提供するCookieです。(表示されている広告から入ることで目的のサイトとは別のASPなどのドメインからCookieが付与されます。)

アフィリエイト広告はこの方法で成果を計測していました。

くりぼー

アフィリエイトサービスプロバイダー
略ASPというのはA8・リンクシェアなどの会社だね

アフィリエイトサービスプロバイダーは長いので以下ASPと記載しています。

アフィリエイト広告への影響は?

くりぼうログ(ブログ)に貼られた広告から購入ページに飛ぶ際、表示はされていないので見えませんがASPのリダイレクトページを経由してcookieを付与されています。

先程説明したサードパーティーCookieによってASP経由で商品が購入されたという事が分かっていたんですね。

この仕組みを利用して誰が何の広告からアクセスをしたのかを把握し、その成果報酬がASP・ブロガーに支払われていました。

購入商品を販売している企業

おたくのASP経由で商品を買ってくれたみたい。
成果報酬お支払いします。

あなたのブログに貼り付けた広告から買ってくれたみたい。
成果報酬お支払いします。

くりぼー

わーい♪

そしてこの形式のcookieがApple社の規制によって使えなくなってしまった!という事で大騒ぎなんですね。

えっ
じゃあアフィリエイト収入って入らなくなっちゃうの?

と心配してしまうかもしれませんが大丈夫です。

これはA8の画面ですが、一番右にITP対応というマークがついていますよね。

各社様々な方法で、ITPへの対応を進めてくれているおかげでちゃんと計測できています。
なのでしっかりアフィリエイト収入も貰えます。

しかし、今後社会の潮流としてますます規制は強化されていくことが予想されるので進化していくITPに将来どこまで対応可能なのかは分かりません。

最後に

アフィリエイト広告の未来はどうなっていくんでしょうか。
ブロガーとしては非常に困っちゃいますよね。

私達にはどうすることもできないのでASPの各社さんには頑張って頂きたいですね…!
今後広告を出稿する際には「ITP対応」の項目に注目してみて下さい。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる