キッチンのタイプ、どう選ぶ?色んなキッチンをご紹介♪ライフスタイルに合わせて選ぼう【くりぼーの家作り⌂①】

くりぼーハウスのお家作り企画、第一弾。
今回は「キッチンのタイプ、どう選ぶ?」というお話です。

結論から申し上げますと、我が家はペニンシュラ型にしました(^^♪

これからキッチン・トイレ・お風呂など我が家の家作りで悩んだポイントや調べた事などを沢山書いていきますので、
注文住宅でマイホーム作りを検討している方の参考になれば幸いです。

目次

キッチンスタイルの種類

キッチンのスタイルはダイニングやリビングとのつながり方によって種類があります。

  • ダイニングやリビングに対してキッチンが完全に開かれているオープンスタイル
  • 吊戸棚やカウンターで少し目隠しされているセミオープンスタイル
  • キッチンとリビングダイニングが完全に分かれているスタイル

あなたにおすすめのキッチンは?🍳

STEP
思い切り見せたいにYESと答えた方…

ここから更に選択肢が分かれていきます!

STEP
広さに余裕がある方

アイランドキッチンがおすすめ

STEP
広さに余裕が無い方

ペニンシュラ型がおすすめ

STEP
広さに余裕は無いが、絶対にアイランドキッチンが良い方

シンクとコンロを分けたアイランドキッチンがおすすめ
(PanasonicではⅡ型といいます)

アイランドキッチン

キッチンと壁が接することなく、島のようにあるキッチンのことをアイランドキッチンといいます。

まさに、オープンキッチンの王道!
かなり広いリビングを有した豪邸に多いタイプですね。

非常に広いスペースが必要なので、リビングの広さが無いと難しいです。

シンクとコンロを分けたアイランドキッチン

セパレートキッチン。PanasonicではⅡ型と呼ばれています。

「広さに余裕は無いけど絶対にアイランドキッチンにしたい!」という方におすすめ。

これなら幅が狭い細長い部屋でもアイランドキッチンに出来ますね。

ペニンシュラ型

キッチンセットの一部を壁面に付けて設置するペニンシュラ型。壁面に接していない部分が「半島」のように部屋に向かって突き出ているため、そう呼ばれています。
アイランドキッチンよりリビングの間取りを選ばず設置できるので、採用される方が多いですね。

くりぼー

ペニンシュラ型なら
そんなに広くなくても大丈夫。

セミオープンのペニンシュラ型

「対面が良いけど、リビングからキッチンが丸見えになるのは嫌!」という方におすすめ。
キッチン周りのゴチャゴチャした生活感を隠すことができることや、コンセントが設置しやすいことが人気のポイント
価格もお手頃です。

これならちょっと散らかってても
リビングからは見えないから助かる!

完全独立の壁付キッチン

料理に集中したい・くつろぎのリビングスペースとは切り離したい、という方におすすめ。

料理のにおいや煙がリビングに広がらないといったメリットがあります。

オープンタイプの壁付キッチン

リビングダイニングとキッチンの境界がなく同じ空間ですので、部屋が広く感じられます。
冷蔵庫や食器棚をリビングダイニング内に置かざるを得ないため、生活感が出やすくなるという特徴もあります。

写真みたいなお洒落な冷蔵庫にすれば
インテリアとして見せられるよね。

L型キッチン

対面・壁付両方可能です。

その名の通り、壁の一面、もしくは二面を利用して、L字型に配置したキッチンのことです。
作業・収納共にスペースを確保しやすいという点から人気があります。
広いスペースが必要です。

キッチン一覧・比較表

タイプ
アイランドキッチン
ペニンシュラ型
セミオープンのペニンシュラ型

完全独立壁付

オープンタイプの壁付
間取りを選ばない広さ必要広さ必要
解放感
油跳ねや匂い要注意要注意気になる気にならない気になる

なぜペニンシュラ型にしたか

  • 細長い部屋で幅が狭めなリビング
  • 開放感のある対面キッチンが良い
  • 料理しながら家族の様子を見たい

以上の理由から、ペニンシュラ型にしました。
本当はアイランドキッチンにしたかったのですが、我が家は長方形の幅が狭めな細長いリビングなので諦めました!

キッチンのサイズが2700なのですが、このサイズをアイランドキッチンでやろうとしたらどれだけリビングの広さ必要なのよ…という感じですよね(笑)

くりぼー

豪邸じゃなきゃ無理

我が家同様に、「本当はアイランドが良かったけどペニンシュラ型にしたよ~」という方は多いようですね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる