平凡なサラリーマンがマンション一棟を建てるまでの話①~一難去ってまた一難~【マンション経営・資産運用】

目次

はじめに

戸建てかマンションか、、、
結婚もしたしそろそろ家を買わないとなぁと悩んでいたごく普通の会社勤めの私ですが、賃貸マンションを経営しながらその一室で大家さん(管理人)をしながら暮らすことになりました!

建物の建築やその他諸々、まだまだ進行中ではありますが起こったことなどを特定できない程度でこのブログに赤裸々に書き残して行こうと思います。

ちなみに私自身は一般企業に勤めており、賃貸経営はもちろん不動産についてもズブの素人です。
周りのサポートや銀行へのツテ等・・ちょっと特殊な環境のおかげでこの事業を進めることができましたが、残念ながらこれによって生活にゆとりが生まれるような儲けはさっぱり出ません。
あくまで生計は本業のサラリーマンで立て、老後の年金代わりになれば良いな、という気持ちでマンションに住みながら運営していくような感じです。

よくある利回り○%の資産運用!不動産投資のノウハウ!みたいなことは一切書けません。利益そんな出ません。
家づくりの日記のような感じになると思うので気軽に読んでいただけると嬉しいです。

くりぼー

不動産収入でウハウハじゃないのかよ~

残念ながら。

今後、私が調べた床材やキッチンなどの住宅設備などもご紹介していきます!

当初は普通に家探しをしていました

夫婦ふたりで家を検討をしていた頃は都内の新築マンションやハウスメーカーの建売り物件の内見によく行っておりました。
当時はコロナになる前で当然のように毎日満員電車に揺られ通勤していたため、何よりも利便性重視の物件を漁ってましたね。
だけどなかなか踏ん切りがつかない・・マンションは皆良さげだけどどこも似たような間取りで決定打がなく、戸建ては駅近だと小さくて前面道路も細いところばっかり。

一生の買い物となると、妥協はしたくない。
家探しを続ける中で「こんな家が良いよね」という理想はどんどん膨らんでいきました。

しかし、色々な物件を見ていくと戸建てでもマンションでも超高額な物件は完璧だし、お手頃価格な物件は何かしら気になる点がある…
大して予算がないとエリアも物件も選択肢なんかそんなにないぞという現実にしょんぼりしたのを覚えてます。

くりぼー

お金が無いと理想の家には住めないんだね…

そんな時にマンション経営をしている知人より、良い場所が売りに出されるという情報をもらいました。

昔から、「もし良い場所のビルなりマンションなりが買えれば住みながら家賃収益見込めていいよねー」なんて話をしてたのですがそんな良い話が簡単に出てくるわけもなく、完全に忘れてたところに今回の物件が舞い込んできたのです。

伊藤さん

良さげな土地が出たけどどう?

30代も後半に突入し、いい加減マイホームを買わなきゃというタイミング、、こんな話次いつくるかわからないのでラストチャンスだと思い、詳細を聞くことにしました。

詳しく教えて!

そこは商業地域の土地だった

その知人は、自分のオフィス近くの古い建物がある土地が売りに出るらしいという話をウワサ好きのご近所さんから聞いたようで、その土地は

・都内23区 ※のどかなエリア
・大きさは、坪数2ケタ前半(40~50程度)
最寄り駅から徒歩3分程度
・商業地域
・築50年くらいの店舗(閉店)兼自宅が建っている
というもの。

ご近所さん

実はあの土地、売りに出るらしいよ。

➤この方のおかげで、まだ売り物件として一般に情報が公開されていない段階で交渉できることが出来たので感謝です

アホな私には駅チカだねくらいの第一印象しかなかったのですが、どうやら
「商業地域」というポイントがとても重要ということでした。

私達の生活圏の土地はだいたいが市街化区域に区分されており、そこからさらに用途によって分類されます。

国道交通省公式サイトより
くりぼー

その土地に何を建てて良いか
しっかり決まってるんだね!

商業地域とは銀行・映画館・飲食店・百貨店などが集まる地域で駅周辺や大通り沿いのエリアに多く設定されています。マンションや小規模な工場なども建てられます。

国土交通省の公式サイトで確認する

しかし彼にとっては規模が小さいようで、私にまわしてくれました。

伊藤さん

俺は大型物件しか扱わないからね

羨ましい。(笑)

ここから私の長く険しい道のりが始まりました…!
(これは数年前の話なので、現在はゼネコンとの契約も済んでいて建築工事が始まっています)

次回は

  1. 土地購入を巡った不動産業者との白熱した交渉
  2. 想像以上に荒れ果てていた建物が建っていてびっくり

という話を書いていきたいと思います。

長い話になりますが、是非読んでくれると嬉しいです!


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる