「ポワソンダブリル 」フランス流エイプリルフール【100均グッズで作ってみました】

4月1日はエイプリルフールとして日本にも定着していますよね。
ですが、ポワソンダブリルはご存じでしょうか?
実は最近じわじわと人気が出てきているんです!あの有名なJoel Robuchonでも売られていました💓

今回、そのポワソンダブリルのキットがDAISOに売っていたので作ってみました!

目次

ポワソンダブリルとは?

フランスで4月1日のエイプリルフールに作られる魚(サバ)をモチーフにしたお菓子のことです
ポワソンは「魚」、ダブリルは「4月」を意味しています😀
子どもたちは魚の形の紙をこっそり相手の背中に貼るいたずらをしたりするそうです

雑誌やInstagramなどで見てかわいいな~作ってみたいな~と思っていたのですが
DAISOにポワソンダブリル専用のパイ抜き型が売っていたんです😲‼


DAISOの型抜きはどんな感じ?

中に2つの型とポワソンダブリルについての説明書とレシピが入っています。
この他に、紙皿も入っていました!こちらは後ほど使用した写真を載せます😃

必要な材料

【材料】
・冷凍パイシート(18㎝×18㎝)2枚
・卵黄 1個分
・チョコペン(白・黒) 各1本
・いちご 
・カスタードクリーム

早速作っていきましょう!

まずは生地作りから

パイシートは冷凍でかちこちなので、しばらく常温に置いてやわらかくしてから使います
※あまり温まりすぎると上手く膨らまなくなってしまうので注意です💦

まず丸い型でくり抜いていきます。ただの丸を6個くり抜きます!

先程のとは別にもう一度丸い型を使って今度はハート型を真ん中に使用します!
そうしますとハートの生地と、ハートにくり抜かれた丸い生地ただの丸い生地の3種類が出来ますね
それを下のように組み合わせて焼いていきます。

※卵黄塗りすぎました💦💦こんな塗らなくて大丈夫です、寧ろ塗っちゃダメです(笑)

焼き上がり

焼けました~~
あれ???失敗したかも。。。
ハートの部分はフォークで刺して膨らまないようにしておかなければいけませんでした😅


でも諦めません。デコレーションしてしまえば何とか誤魔化せるはず…(笑)
真ん中の魚は余った生地で作ったおまけです(笑)

カスタードクリームを詰める

取り合えず膨らんでしまった部分はくり抜く&潰してスペースを作ったあとでカスタードクリームを詰めます
そしてしっぽをくっつける!

まだ大分失敗感強いですが、諦めません…!!

※こんなんでちゃんとくっつくのかな?と心配しましたが大丈夫でした!
翌日以降もぴたっとくっついてました。

仕上げのデコレーション

カスタードクリームの上に半分に切ったいちごを載せて、チョコペンで目を書いて出来上がり!


おー!ちゃんとそれっぽくなった!!良かった!!

くりぼー

オーブンの丸皿が汚い…

完成!

お皿に一匹で載せてみました😃
この金色の紙皿はDAISOセットに入ってます💓


これがあるだけで大分綺麗に見える!

最後に


焼きあがった時はどうしようかと思いましたが何とか誤魔化して可愛く出来ました。

夫も凄く喜んでくれて良かった(^^♪
非常に簡単でかわいく作れるのでとってもおすすめです


カスタード作りはちょっと面倒ですが、
パイの部分は本当に簡単なので小さいお子様とも楽しく作れると思います!
カスタードクリームは既製品を使ってしまえば更に楽ちんです♪


色んな顔を書いたり、デコレーションを楽しむのも良いですね🤗

私は今回レシピ通りカスタードクリームのみで作りましたが、生クリームを混ぜたり上に乗せたりするともっと美味しいと思います!

くりぼー

DAISOで見かけたら是非買ってみて下さい!



よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる